おしゃれな人 ダサい人

今回はおしゃれな人とダサい人の間にある大きな違いについて

伝えていきます。

 

あなたの周りに服は大量に持っているけど、何かダサい人っていませんか?

 

僕自身そうでした。

服をめちゃくちゃ持っていたけど、

誰からもおしゃれと言われず過ごしていた頃の写真。

うん、普通にださい(笑)

 

次に古着屋で働き始めて

おしゃれだといわれ始め出した頃。

あと、地元に変えれば垢ぬけたを言われるようになり

少しモテるようになりました。。

 

これ、割と簡単に改善できるんですよね。

 

結論から。

ジャストサイズの服を着てください。

 

つまり、おしゃれな人とダサい人の間には

サイズ感という壁があります。

 

想像してみてください。

あなたの周りのダサい人を。

※想像するだけにして絶対に口にしたらだめですよ!

その人を無意味に傷つけてしまうので!

 

絶対にサイズ感合ってないですよね。

ちなみに僕が想像した人は、

ピタピタのTシャツに太いデニムを履いている人でした。(笑)

 

じゃあ、ジャストサイズ感を知ることができるのか。

 

絶対にしてほしいのは、コーディネートを決めて家を出る前に

必ず全身鏡で自分の姿を見てください。

 

全身鏡のあなたはダサくないでしょうか。

サイズ感は合っていますか。

 

まずは自分で確認しましょう。

 

ここで、よくあるのは

サイズ感が合っているかどうか分からなくなってしまうこと。

 

「見ようによってはジャストサイズだけど、トリッキーすぎて分からん。。。」

 

これはマジでよくある。

ここで悲報です。そうゆう場合は大体ダサいです。

確実にジャストサイズだと思える

コーディネートに変えましょう。

 

つまり、写真のようなコーディネートはやめた方がいいということです。

この服のジャストサイズは僕も分からんぞ!

 

最初から無理におしゃれを目指す必要はありません。

まずは、確実にダサくないと思えるコーディネートをすること。

その為にジャストサイズの分かる服を着ましょう。

 

昔の僕の話を少しだけ。

おしゃれとはどういうものなのか全く分かっていない僕でした。

人と被らない服装をするのがおしゃれだと思っていて、

訳も分からず、めちゃくちゃ大きいニットを着たり、

ふとーーーーいパンツを履いたりしていました。

 

だって、僕が住んでた田舎ではおしゃれなんか誰も教えてくれなかったもん!

都会のとの字もないくらい

田舎出身の僕。

 

ちなみに、僕はそれがおしゃれだと本気で思ってました。

ただ誰からもおしゃれだとは言われませんでしたね。

 

都会に出て、古着屋で働いて、少しだけおしゃれが分かった今ならわかる。

 

無理におしゃれを目指すな。

まずはジャストサイズを着て

ダサくないを目指せ。

 

最初は夏ならデニムにTシャツ、

冬ならデニムにニットでいいです。

これならジャストサイズが分かります。

とりあえずはダサくないを目指しましょう。

 

今回のまとめ!

家を出る前に全身鏡でコーディネートを確認すること!

そして、100%ダサくないと思えるコーディネートで

家を出るようにしてください!

ポイントはジャストサイズの服を着ること!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!